マッチングアプリでは婚活は難しい。私がマッチングアプリで体験した経験談

私がマッチングアプリ(ペアーズ)を使って、出会った男の人2人についてお話します。
私が初期設定で登録した異性の条件は、年収が900万から1000万の人です。
これだけでも、ハードルって高いですよね。
せっかくアプリを使ってやるのならと思って設定しました。
しかし、一人目にあった人で同じ年でお金持っている人ってこんな人ばっかりなんだと幻滅する羽目になりました。

1人目との待ち合わせは品川駅。
私の職場が近いということもあり、場所をそこにしました。
しかし、現れた人は写真とは全く違う人でした。

写真はもう少し顔がシュッとしていて、痩せていたのですが、来た人はパツンパツンのスキニーパンツをはいていて
靴もとんがっている女子が苦手な靴、手にはクラッチバックと私が嫌いなファッションをしていました。
写真だけでは、相手のファッションまで見抜くということはできませんでした。
そこから、夜ご飯を食べに行きましたが、彼の隣に行くとちょっと汗臭いにおいがしました。
その匂いは本当に無理でした。

お店の場所はチェーン店で火鍋のお店でした。
収入があるんだから、どんなきれいなお店に行くかと思いきや、意外でした。
聞いてみると、昔は総合商社で働いていて今は起業している。とのことでした。
そこで、私の心の声が「なんでやめちゃったんだよ」と叫びました。
彼は良く話すし、ビールをたくさん飲んで、ご飯もいっぱい食べていました。
それなのにまさかのお会計がほぼ割り勘でした。
話が全然楽しくない割に、ほぼ割り勘なんて最悪でした。
そんな苦い経験をして、2人目に会ってみました。

2人目も同じ品川で待ち合わせをしました。
お店はアトレの中のブラジルバルみたいなお店でした。
アトレにつくと、ラインを交換していたので、電話が入りました。
彼は一個上で慶應出身、いつも収入ランキングでトップの企業に今も務めているとのこと。
服装も前回と違い、ダウンスタイルでよかったです。
話も面白く、飲んでいる間は終始楽しかったです。
お会計ももちろん全額払ってもらいました。

そのあと個人的にラインに連絡が来たりしましたが、結局そのあとは会わなかったです。
私に彼氏ができたということもあり、友達のまま終わりました。
しかし、マッチングアプリで恋活してみた結果本当にピンキリだなと思いました。
あんまり、期待していくと最初の一人目みたいにがっかりするので、出会いの一つのツールとして使う分にはいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です